家族の健康と食事

家族の健康と食事

親が子供にしてあげられる事として一番大切なこと

親が子供にしてあげられる事として一番大切なのはどんな事だろうかと考えてみました。 教育だろうか、遺産を残してあげる事だろうか。 そんな風にいろいろ考えていたら、ふと気が付きました。

 

きっと 最優先にするべきは「健康」であろう、と。

日本国憲法上の健康

健康といえば、日本国憲法第25条1項にも記述があります。
『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』

世界保健機関(WHO)のWHO憲章

それでは「健康」とは何でしょうか?

 

世界保健機関(WHO)のWHO憲章で「健康」について定義しています。
『Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 』
『健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。』(日本WHO協会訳)

 

精神的にも健康である事はもちろん重要なのですが、「健康な精神は健康な肉体に宿る」と言われることもあるように、体調が悪い人に精神的に元気な人が少ないように、やはり身体の健康は全ての元となるのでしょう。 体力のない子供は集中力も劣り、勉学にも差が出ると言われています。

健康はどこから?

身体の健康は、まず食べることから始まります。 身体の新陳代謝のサイクルは、皮膚で若い人なら30日、50代では最大100日ぐらい、血管などは90日と言われています。 つまり、それより前に口から吸収したビタミンやミネラルなどが体の一部となるということです。 たまに健康的な食事をしたからといって身体の健康には全く意味が無いことが、このサイクルの長さから実感できると思います。

健康において気を付けること

量を食べ過ぎない、脂を取り過ぎない、規則的な食事を心がけるなど、健康的な身体になるために気を付けることは色々ありますが、食べるもの自体にも気配りが必要だと思います。 量を食べてない、脂も取り過ぎない、食べる時間も規則的だとしても、毎日毎回カップラーメンだけでは健康になる訳がありません。 野菜も安さを求めるのではなく、栄養価が高く、キチンと栽培されたものを食べたいものです。

よりよい食材の入手方法

最近は畑を借りて自分で栽培する人も増えているようです。 しかし、仕事をしている人や近くに畑のない人もいます。 そのような人でも方法はあります。 最近は有機栽培をする農家が増え、有機宅配のように家まで届けてくれるようになり、高価であった有機野菜も手頃に入手し易くなってきました。 無農薬は基準が厳しい上に、実際の栽培もかなりの手間がかかるだけに、今だに流通量が少ないのが実情です。 しかし、どちらも宅配業者が増えてきたお陰で、簡単に注文できるようになっています。

 

これらの業者も利用しながら、健康な食材にも気を使っていくことが、半年後の家族の健康を守っていくことになるのだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ